会社設立後の法人クレジットカードについて

 

法人名義のクレジットカードを作ると、法人口座での引き落としになるので、会社のための買い物をする際には大変便利です。
そこで今回は、法人向けのクレジットカードに関する情報を、まとめていきたいと思います。

そもそも法人カードには、どのような使い道とメリットがあるのでしょうか?
法人カードは、会社名義のカードということになりますので使った分は、会社の経費として計上されることになります。
代表取締役だけではなく、社員にも発行することができ、出張先で利用すれば経費の計算がしやすくなります。
さらに会計ソフトと連動すれば、使った分がそのまま計算されますので、計上漏れが少なくなり経費処理が圧倒的に楽になるというメリットがあります。

ただし注意点としては会社のための出費出ないといけないということです。
例えば、会社のクレジットカードを使って自分のものを買ったり、会社の営業に必要の無いものに対して出費をしていると、税務署から説明を求められる可能性があります。

そんな法人向けクレジットカードですが審査基準は、個人向けよりも厳しく設定されているようです。
審査基準については公開されてはいませんが、色々な情報を基にまとめてみると、大体の目安は3年以上の経営経験と2期以上の連続黒字がある状態が、最低限度のボーダーラインのようです。

ただ、これを満たしていなくても、事業主に金融事故がなければカードを作れる場合もあります。
法人のクレジットカードでも事業主個人の信用情報が、審査の判断基準として用いられることがあります。

仮に、事業主が過去返済遅延を繰り返していたり、自己破産をしてしまっているような場合は、法人のクレジットカードを作ることは難しいかもしれません。
この辺りは、クレジットカード会社の判断によるものが大きいでしょう。

ちなみに法人のクレジットカードにもキャッシング枠というものがついていますので、キャッシング枠は借りた分の金額が債務ということになってしまいます。
つまり、会社の借金で計上され、有利子負債という名目で会計処理されてしまうので注意が必要です。
ちなみに、クレジットカードの金利分については、必要経費として計上することができますので、覚えておくと良いでしょう。

ちなみに法人のクレジットカードは、会社設立当初でも、事業主の信用度によっては発行してもらえる可能性があります。
できれば持っていた方が便利なものなので、一枚は作っておくといいでしょう。