税金対策をしよう!

世間の起業ブームもあり、自ら起業して会社を設立する人が増えてきている現代社会。
老若男女を問わず、多くの人が自分の力を信じて新しい会社を設立していっています。
しかし、実際に自分の力で会社を設立した後で、一番ネックになるのは「税金対策」です。

多くの人が、実際に会社が存在していないのに税金対策のことまで考えることができず、会社設立の後での税金対策に四苦八苦している現状があります。
会社を設立した後で節税に悩みたくないのであれば、税金対策は会社設立の時からきちんとしておくべきなのです。
そこでここでは、特に今「起業」に対して充実した環境が整っている福岡での税金対策についてお伝えしていきます。

会社を設立した人は「個人事業主」とも呼ばれ、個人事業主には個人事業の税金が課せられます。
個人事業にかかる税金は「所得税」「住民税」「個人事業税」の3種類であり、福岡での税率は所得に応じて5〜40%の範囲になります。
特に個人事業税に関しては会社の業種により異なっており、3〜5%の税率です。
第一種事業である物品販売業などは5%、第三種事業であるマッサージ業は3%…という感じになっています。
また、設立した会社が法人化した時には「法人事業税」という税金が課せられ、これもまた所得に応じて5〜9.6%の範囲です。

こうした税金の仕組みをしっかりと理解しておけば、税金をできるだけ節税するためにはどのような形態の会社を設立すれば良いかが分かってきます。
特に住民税や市県民税などは自治体ごとに税率が少しずつ違うため、福岡で起業をするなら福岡の税率を知っておくことがとても大切なのです。
このような税金対策をしっかりと行ってから自分の会社を設立すれば、起業後に資金繰りなどで悩むことも少なくなるのではないでしょうか。
それほどに「税金対策」というのは会社設立の時に重要なものなのです。

あなたもぜひ、福岡で会社を設立したい時には福岡の税金対策についてしっかりと理解するようにしてみましょう。
詳しいことが分からない時には、福岡の税理士さんなど専門家の知恵も借りて、しっかり税金対策していってくださいね。