会社設立を福岡で…その手順とは?

社会全体が後押ししていることもあり、インターネットや書籍など、メディアでも大変注目されている「起業」や「会社設立」。
この数年で、自分で会社を設立する起業者の数は年々増加しています。
あなたは、自分で自分の会社を作ってみたいと思ったことはありませんか?
大きな夢などはなくても、今勤めている会社で得た力を試してみたいという人も多いのではないでしょうか。
また、雇われることに向いていないと感じて「起業」を志す人も少なくないと聞きます。

そうした「起業」や「会社設立」を志す人が多いと言われている地域が「福岡」だと言われています。
福岡は、古くからの商業都市であり現在も大企業の支社などが立ち並ぶ街です。
そうしたことからも、何か新しい会社を始めるのにオススメな土地柄だということが分かるのではないでしょうか。
では実際に、会社設立を福岡で行うにはどのような手順で進めていけば良いのでしょうか?
ここでは、会社設立の手順と福岡で活用したい会社設立のための資源についてお伝えしていきます。

現在、日本では「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります。
「合名会社」「合資会社」については、現在の日本では作る人がほとんどいない形態の会社だと言われていますから、残り2つの「合同会社」と「株式会社」についてお伝えしていきましょう。

福岡に限らず…どこで会社設立をするにしても、会社設立を志した人はまず、設立する会社の形態を決めるところから始めます。
会社の形態が決まったら、それに合った内容の「定款」を作成します。
定款は、会社の名前や運営に必要な情報が記された書類で、これを作成しないと会社設立が進められません。
作成した定款を認証して、設立登記をすれば会社設立は完了となります。

これら一連の手順をサポートしてくれる代行業者やサポート施設が福岡には多数あります。
あなたもぜひ、福岡で会社設立をする時にはこちらの内容もぜひ参考にして手順をスムーズにしてくださいね。