会社設立のベストなタイミング

 

・会社設立のタイミング
会社設立手続きを行うのに、最も最適なタイミングについて。
これは、法人化を考えている個人事業主にとって、一番難しい問題でしょう。
なぜなら、タイミングを見誤ると、税制面で不利益を被る場合があるからです。
どのようなタイミングで、法人化をすればいいのでしょうか?
詳しく説明したいと思います。

 

・運転資金が十分に集まったタイミング
会社の資本金は、数ヶ月赤字に耐えられるだけの金額を用意しておかなければなりません。
そのため運転資金が十分に貯まってから法人化するというのは、会社を設立する上での絶対条件だと思います。
どんなにビジネスに自信があったとしても、必ずうまくいくとは限りません。
万が一赤字が続いてしまうことも考えて、最低一年間は耐えられるぐらいの資本金を用意してから法人化をした方がいいでしょう。

 

・売り上げが充実してきたタイミング
個人事業主として行ってみて、売上がある程度充実してきたタイミングで法人化するのがおすすめです。
そうなってくると取引先も確保できていますので、法人化をしても、初年度から安定した利益を出すことが期待できるでしょう。
逆に販路を確保してない状態で法人化をしてしまうと、数か月は赤字経営を余儀なくされてしまう可能性がありますので注意が必要です。
まずは個人事業主から、そして法人へと順を追って展開していくと良いでしょう。

 

・国の融資を利用して資本金を強化する
先ほども説明しましたが、会社の運転資金は十分にあった方がいいです。
そのため、どこかからか資本金を集めてくる必要があるのですが、一番いい方法としては国の企業への融資制度を利用するということです。
国の融資制度には、日本政策金融公庫から借りられる制度があります。
これは無担保かつ保証人不要で融資を受けることができ、民間の事業ローンと比べても、はるかに金利が安いですので、こちらの制度を利用して、資本金を強化するようにしましょう。

 

・法人化をするメリット
会社を設立するタイミングが非常に重要ではあるのですが、法人化をすることでメリットもあります。
例えば、税制面において損失の繰越控除が大幅に延長になるということです。
個人事業主の時は最大で3年間までの繰越控除しか認められていませんでしたが、法人化をすることで最大で9年間も、赤字を繰り越すことができるようになります。
これは法人設立後の事業を立ち上げ時期にとって、とても助かる制度ですので、税制についてよく調べて上手に活用するようにしょう。

 

会社設立は一人でもできるのか

 

会社設立を考えた時、戦力となる社員やスタッフ、従業員というのは重要です。
しかし、中には一人で会社設立を行いたいと思っている方もいるのではないでしょうか。
近年は節税目的で会社設立をする人もいれば、個人事業主やフリーランスをやっていて、規模が大きくなってきたから会社にするということも増えています。
どちらのパターンでも良いのですが、結論を言うと一人でも会社設立自体は可能です。
ただ、その場合は色々な注意点も出てくるので、そこはしっかりと考えておいた方が良いと言えるでしょう。
実際に一人で行う場合も複数人で行う場合も、提出する書類などに違いはあれど、そこまで大きく違ってくるということはありません。
事業計画を立て、定款を作成し、必要書類をまとめて税務署や公証役場、法務局に提出、その後承認されれば会社として設立することは可能です。
ここではあくまでも簡単に説明していますが、一人でも複数人でも会社設立は可能となっているので、挑戦する価値は十分にあります。

ただ、一人で会社設立をする場合に気を付けておきたいのが、負担についてです。
一人の場合は、責任もすべて一人で負わなくてはなりません。
つまり、事業が万が一失敗してしまった場合は、その負担をすべて自分で担うわけです。
そうなった場合、やはり大変なのが自分の人生にも影響してくるということです。
そのため、一人で会社設立を行う場合は、専門家などの力を借りることもおすすめします。
専門家であれば、節税対策が可能な税理士も沢山います。
また、各種手続きや各種申請をサポートしてくれる司法書士や行政書士もいるでしょう。
そういう専門家に依頼して、完璧に対処していくと良いのではないでしょうか。
ちなみに、近年は一人で会社設立を行う方が増えているため、専門家も対応してくれることが多くなっています。
まずは頼りになる専門家を見つけておき、困った時に相談できる状態にしておくと良いでしょう。

なお、一人の場合は会社設立ではなく、開業届けだけを出して個人事業主やフリーランスになるという手もあります。
そうなると節税が難しくなるということもあるのですが、最初は個人事業主やフリーランスから始めるというのも悪い道ではありません。
もちろん、すでに個人事業主やフリーランスをやっていて、その事業が大きくなってきたから会社にするというパターンもあります。
状況によって違ってくるので、まずは専門家の意見も聞きつつ、サポートしてもらってはいかがでしょうか。

会社設立に掛かる日数は?

 

会社設立をする時には準備に日数がかかりますが、 登記手続きにも日数がかかる場合があります。
比較的早い期間で終わる場合もあれば、思ったより日数がかかる場合もあります。
この辺りは法務局によって違いますので、まずは受付に足を運んでみてください。

法務局に行くと受付に完了予定日が記載されていますので、そちらを参考にすると良いでしょう。
法務局のホームページにも記載されています。
ちなみに、会社設立日は登記手続きを申請したその日が設立日となります。

どういう日を会社設立日に皆さん選んでいるのかと言うと、やはり縁起の良い大安が多いそうです。
あまり縁起を担がないという人でも、手数料が変わらないので、どうせなら縁起のいい日にしたほうがいいでしょう。

大安の意味というのは、何事においても成功しないことはない日、という風に記されています。
この他には、末広がりの8がつく日が良く選ばれたり、覚えやすい日付の日に申請をしに来る人も多いそうです。

大安が一番縁起のいい日のように思われがちですが、中には天赦日とという年に数回しかない最高の日に、登記手続きをしに来る人もいるようです。
会社設立が完了したら、経営者はもっと忙しくなります。
税務署や都道府県税事務所市役所などの施設に届出書の提出をしたり、社会保険事務所に社会保険の申請をしたりなど書類業務が増えますので、ミスがないよう気をつけなければなりません。

むしろ、登記手続きをする時よりも書類の数が増えますので、ひとつずつメモを取り方付けていきましょう。
手続きは、代理人業者を雇えばアドバイスを受けながら作成をすることができ、役所に提出もしてもらいます。

通常60時間から80時間かかるような手続きが、代理人に任せることでかなり時短できますので、困った時は専門の業者に依頼をするといいでしょう。
ちなみに専門の業者に依頼をして手続きを代わりにやってもらう場合は、委任状を書く必要があります。
委任状についても、依頼する専門家が詳しく説明してくれますので、そちらに聞いてみるといいでしょう。

後は、今後の事業展開に備えて、できるだけ運転資金を今後も集め続ける必要があります。
資本金は、定款の認証誤認するに預けているのですが、経営者は安全な経営ができるように、できるだけ運転資金を増やすべく、金策に走ってもらわなければなりません。

これができるかどうかによって、会社としての粘りが違ってきますので頑張りどころです。
設立当初は消費税などの優遇措置がありますので、そちらも忘れずに内容を確認して適用になるよう、登記の時に手続きを進めておかなければなりません。
分からないことも多いかと思いますが、最初は少しずつ解決しながら会社設立を進めていきましょう。

会社設立後の法人クレジットカードについて

 

法人名義のクレジットカードを作ると、法人口座での引き落としになるので、会社のための買い物をする際には大変便利です。
そこで今回は、法人向けのクレジットカードに関する情報を、まとめていきたいと思います。

そもそも法人カードには、どのような使い道とメリットがあるのでしょうか?
法人カードは、会社名義のカードということになりますので使った分は、会社の経費として計上されることになります。
代表取締役だけではなく、社員にも発行することができ、出張先で利用すれば経費の計算がしやすくなります。
さらに会計ソフトと連動すれば、使った分がそのまま計算されますので、計上漏れが少なくなり経費処理が圧倒的に楽になるというメリットがあります。

ただし注意点としては会社のための出費出ないといけないということです。
例えば、会社のクレジットカードを使って自分のものを買ったり、会社の営業に必要の無いものに対して出費をしていると、税務署から説明を求められる可能性があります。

そんな法人向けクレジットカードですが審査基準は、個人向けよりも厳しく設定されているようです。
審査基準については公開されてはいませんが、色々な情報を基にまとめてみると、大体の目安は3年以上の経営経験と2期以上の連続黒字がある状態が、最低限度のボーダーラインのようです。

ただ、これを満たしていなくても、事業主に金融事故がなければカードを作れる場合もあります。
法人のクレジットカードでも事業主個人の信用情報が、審査の判断基準として用いられることがあります。

仮に、事業主が過去返済遅延を繰り返していたり、自己破産をしてしまっているような場合は、法人のクレジットカードを作ることは難しいかもしれません。
この辺りは、クレジットカード会社の判断によるものが大きいでしょう。

ちなみに法人のクレジットカードにもキャッシング枠というものがついていますので、キャッシング枠は借りた分の金額が債務ということになってしまいます。
つまり、会社の借金で計上され、有利子負債という名目で会計処理されてしまうので注意が必要です。
ちなみに、クレジットカードの金利分については、必要経費として計上することができますので、覚えておくと良いでしょう。

ちなみに法人のクレジットカードは、会社設立当初でも、事業主の信用度によっては発行してもらえる可能性があります。
できれば持っていた方が便利なものなので、一枚は作っておくといいでしょう。

 

起業サポート紹介

全国的にも起業ブームが起きていると言われる現在、日々新しい会社が生まれています。
国も積極的に創業支援を後押ししているからです。
なぜ国は、そこまで「創業支援」に力を入れているのでしょうか?
起業や会社設立が増えていくことで、新しい働き方が増えるとともに雇用が創出されるため経済が活性化すると考えられているからです。
しかし、ただ「会社を設立する」と言っても、開業届を出せば始められる個人事業主と違い、会社設立には様々な法的手続きが必要です。
続きを読む →

税金対策をしよう!

世間の起業ブームもあり、自ら起業して会社を設立する人が増えてきている現代社会。
老若男女を問わず、多くの人が自分の力を信じて新しい会社を設立していっています。
しかし、実際に自分の力で会社を設立した後で、一番ネックになるのは「税金対策」です。
続きを読む →

福岡で活用できる助成金

年代を問わず、今多くの人が注目をしている「起業」や「会社設立」。
会社勤めのサラリーマンや起業を志す学生など…いつかは自分で会社を設立したいと思っている人は少なくありません。
もちろん、どんな立場にある人にも自分の力で会社を設立するチャンスが巡ってくる時があります。
ですから、そうした時のためにインターネットや書籍などで情報を集め、会社設立の知識を深めていくことが大切です。
続きを読む →

福岡の会社設立サービスとは?

ストレスを抱えている人が少なくない現代社会において、今とても注目されているのが「働き方」に対する考え方です。
会社に勤めていれば、パワハラやセクハラなどの圧力や人間関係に悩むことも多々あり、そうしたことが原因でストレスを抱え、心身を壊してしまう人も多いと言われています。
また、自分の本当にやりたいことに気付き、勤めている会社を早期退職する人も少なくないようです。
続きを読む →

福岡でなら会社設立は自分でもできる!

国は、近年の様々な政策から「日本の景気は回復傾向にある」と言っています。
しかし実際には、一般的な生活水準の人たちでもなかなかそれを実感できないのが現状です。
そうした厳しい現状を打開する策として、数年前から国が推し進めている政策の一つに「創業支援」があります。
「週末起業」や「副業」などを敢えて進めることで、経済的に不安定な人たちでも豊かな生活が送れるようになるという施策で、全国的にも創業支援室などの施設が続々と誕生しています。
このような社会背景から、起業や会社設立を志す人は年々増加しており、自ら自分の会社を設立していっているのです。
続きを読む →

会社設立の代行、福岡ならどこがオススメ?

近年、若者を中心に人気と注目を集めている「起業」や「会社設立」。
今は大きなストレスを抱えつつどこかの会社に勤めている人の中にも、ゆくゆくは自ら起業して会社を設立したいという人もいるようです。
最近では「週末起業」などという言葉が誕生しているように、会社に勤めながら週末だけ自分の会社を設立して働いている人もいます。
このように、どんな人にでも思いがけず起業のチャンスがやって来るかもしれません。
ですから、来るべき時に備えて起業や会社設立についての知識をこの機会に身につけておくのは大切なのです。
続きを読む →